サービス

法人継承の対策・サポート

法人継承とは

法人承継とは、寺社仏閣を運営する宗教法人の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。

寺社仏閣にとって、法人運営そのものが家業である場合が多く、「誰」を後継者にして法人を引き継ぐのかは重要な課題です。

また、法人承継は単に「誰にするか(経営承継)」という問題だけではなく、「法人の経営権そのものを誰に引き継ぐか(所有承継)」「保有資産をどう行うか(資産承継)」、「後継者教育をどう行うか(後継者教育)」という問題も重要です。

駐車場などの不動産管理事業以外の、例えば介護事業や保育事業、医療機関などを有する法人に関しては、なお計画的かつ長期的に検討していく必要があります。

法人承継は、「誰」にするのか?

「誰」に承継するか、大きく3通りの方法があります。

  • 親族に承継する
  • 親族外の後継ぎに承継する
  • 2つ以上の法人との合併(吸収合併・新設合併) 

今現在、継承者がいる場合にあっても、突然の選択を迫られる可能性もあります。

持続的可能な寺社仏閣の伝統・文化を継承していくビジョンを持ち続けて、先手を打っていくことが大切です。

承継の傾向

【一般企業の傾向】
中小企業庁のデータによると、20年以上前には親族内承継が85%、親族外承継は15%でした。

しかし、近年では親族内承継が35%、親族外承継が65%と、その割合が逆転しています。

宗教法人は、その特性上、一般企業とは異なりまだこの逆転現象は起きていません。

しかし、継承の主流は、親族内承継から親族外承継へとシフトが加速していくことが想定されます。

少子高齢化の我が国において、親族内の法人継承を希望される方は、少しずつ減少しています。

親族内継承者の有無の問題だけではなく、子どもの人生の選択の尊重や、経営者教育がなかなか進まない、また、承継を行った後の経済・社会の変化によって法人経営が厳しくなり経営責任が問われる事態になった場合に起こる「継がす不幸」を意識する方など、課題は多様化しています。

親族外承継においては、保有資産の承継や、個人保証・担保提供の問題は先送りになりがち、事業承継問題は本質的に解決していないケースも多く見られます。

一方で、
少しずつではありますが法人承継問題を解決する選択肢としてM&A企業を用いるケースは増加傾向にあり、専門家の活用、「M&Aのメリット」を積極的に評価し、活用する事例が増加しています。

法人継承の円滑化に向けて

事業承継には時間がかかります。

計画的に、時間的余裕をもって取り組む必要があります。

また、可能な限り専門家を用いたリスク回避と持続的な法人運営を長期的ビジョンで考えていくことが望ましいと言えます。

会計士や税理士が会計や税務のプロフェッショナルであるように、法人継承にはそのプロフェッショナルがいますので、どうぞ私たちにご相談ください。

弊社は、宗教法人以外にも、社会福祉法人や医療法人などの特殊法人の事業継承をご支援しています。

医療、介護、障がい、保育事業への専門性がありますので、関連事業をお持ちの法人様にもご安心いただけます。

法人継承の際に、分割化などのご相談も可能です。

仕様・商品詳細

相談料無料
※関東圏内
着手金20万円〜
※資産や事業規模による
成功手数料レーマン方式による
但し、最低報酬額を500万円とする
※着手金を差し引く
その他出張費や弁護士相談費用などは、実費負担頂きます。

レーマン方式の料率

報酬基準額料率
5億円以下の部分5%
5億円超  10億円以下の部分4%
10億円超  50億円以下の部分3%
50億円超 100億円以下の部分2%
100億円超の部分1%

お問い合わせ

株式会社アウロンの社会貢献プログラム『salesBOSE』のリクエストを送付します。
特別価格(全て20%OFF)や、特別なサービスをご用意してお待ちしております。

お問い合わせ